• 075-354-5007
  • 京都中小企業家同友会事務局
    平日 AM9:00 〜 PM6:00

例会・イベント情報(終了)

  • 07月
  • 19
  • 2019

西京支部7月例会『一歩踏み出そう!』

報告者/越村恭子さん ㈱ユーサイド・フミ 代表取締役(京田辺相楽支部)

創業71年の老舗美容院㈱ユーサイド・フミの越村さんの報告です。
お母様から継承され19年、美容院を4店舗経営されています。
学生時代に『美容業界を変えてやる!』と決意し仕事に没頭したものの、社員と
の温度差や退職に悩み考え、同友会に入会。そこで気づいたこと、実践道場で学んだことが自分を変えた。
今は社員との距離も縮まり会議では自社だけでなく社員ひとりひとりの10年ビジョンも考えておられます。
お客様を支えられる美容師を育てること、美容師の社会的信頼を伝えていくこと。越村さんは次のステップを踏み出されています。
そんなキラキラ輝いておられる女性経営者の発表です。

報告者 報告者/越村恭子さん ㈱ユーサイド・フミ 代表取締役(京田辺相楽支部)
日時 2019年7月19日(金) 午後6時30分~9時
会場 京都経済センター 6-B会議室
会場住所 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地
電話番号 075-354-5007
参加費 不要
参加者まとめ 西京支部7月例会の報告

去る7月19日(金)、京都経済センターにて7月西京支部の例会が行われました。

報告者は京田辺相楽支部の支部長であられる、㈱ユーサイド・フミ代表取締役の越村恭子さん。報告テーマは「一歩踏み出そう!」~指針成文化から始まる自己(自社)改革のすすめ~。

当日は支部内外から会員54名、そして5名のゲストの参加がございました。

越村さんは三代目で、業界では老舗の美容院を経営。現在は京田辺市内に4店舗展開されているとの事。

ご自分の幼少期を「少し変わった子」とおっしゃっておられましたが、元々職人気質の性格がそのような形で出ていたのではないでしょうか。

そんな越村さんが美容師を目指すようになったのは中学生の頃、きっかけは同級生が発した「私、美容師になるし勉強せんでもええねん」という言葉。

ご自分の親が美容師の越村さんは、「誰でも簡単になれると思わんといて!」と職人気質の本能に火が付き、美容師のイメージアップを目指しこの業界に入職されました。

入職してからは、持ち前の努力家で負けん気が強い越村さんの推進力で、どんどんと成長され、お母様から代表を代わり順調にいっていたと思いきや、ふと振り返った時に社員とのギャップに直面します。

自分自身が成長しチャレンジしている背中を見せれば、社員もみんな私を目指し付いてくる。私と一緒にみんな夢を叶えよう!と邁進していたのだが、実際はそうではなかったのです。やはり社員には社員の夢や希望があり、必ずしも仕事と結びついていない事に気づくが、なかなか理解ができなかった越村さん。

そんな時、同友会で10年ビジョンを作りそれを社員と共有しようとしたが、社員には社員の10年ビジョンがある事に気づく。

自分は今まで社員の夢を叶えるにはどうすれば良いか、ずっと悩んでいたが、実は自分の夢を押し付けていただけだった事に気づき、その瞬間にフッと肩の力が抜け、やっと本当の意味で社員目線になられました。

本当の意味でスタートラインに立たれた越村さん。例えば4週6休を完全週休2日制の導入や、社員の成長のため社員自身が考える社員のための勉強会を開催など色んな取り組みを始められました。

そして、社員の10年ビジョンに向かって、さらに創業100周年を目指し、社員に思いを継いでもらうために、前だけでなく横にも時には後ろにも一歩踏み出してゆける柔軟な経営者に成長された越村さんの報告を聞かせて頂き、本当に勇気と希望を頂くことができた例会となりました。

ありがとうございました!

                     ㈱インテリアホソイ 細井和博