• 075-354-5007
  • 京都中小企業家同友会事務局
    平日 AM9:00 ~ PM6:00

京都経営研究集会


開催告知動画

告知動画 ショートバージョン(1m14s)
告知動画ロングバージョン(7m41s)

開催スローガン

地域と向き合う地域企業から未来経営を学ぼう!

コロナ禍、私たち経営者に問われているのは、短期的な収益や効率性にとらわれがちな短期志向経営と決別して、足元の地域に目を向けて地域課題と向き合うことではないでしょうか。そのためには、SDG’sやESG経営の推進を経営指針書に盛り込み、地域との連携を推進し、多様なステークホルダーとの信頼関係や共感を醸成し、志の高い社会的ミッションの実現、社会的価値の創出が出来るような取り組みを経営者自身が率先して進めることです。今年の京都経営研究集会は、そのことを見据えて「地域と向き合う経営」を実戦している経営者の報告から学び、実践する勇気とヒントの機会とします。

開催趣旨

 本年の新型コロナウイルス対策本部の全6講座を開催した『ウィズコロナ・アフターコロナ時代の経営、全国会員の先進事例から事業再構築を考えるWeb連続講座』の経営実践の事例の学びを踏まえ、2025年のあるべき姿を目指した第8次ビジョンのメインテーマ『幸せに暮らせる地域づくりの核となる経営者団体になろう!!』の実現に向けて、持続可能な地域づくりの在り方を描き、既に「地域に眠る課題」と向き合っている当会員の実践事例報告を実施し、会員が率先して未来経営の姿を描き、自らが「問い、考え、実践」に繋がる経営研究集会とします。

事業紹介リーフレット

実行委員長メッセージ

 私たちは『地域経済ビジョン【京都版】』を2018年4月23日に発行し、地域企業の果たす役割と重要性を示し、地域の人と積極的に連携し地域で生まれた人が地域で「育ち、学び、働き、暮らす」ことができる地域資源を活かした地域内循環型経済づくりを目指すとし、京都市は『地域企業宣言』を2018年9月10日に行い、規模を基準とする中小企業ではなく、人と自然と地域を大切に、地域に根ざし、地域と繋がり、地域と共に継承・発展する「地域企業」であるとしました。
 そして、本年10月『第8次ビジョン』で~幸せに暮らせる地域づくりの核となる経営者集団になろう!~と2025年のあるべき姿を示した。先人たちが積み上げてきた学びを実践するための『地域企業の未来経営』の姿を学びたいと考えています。

実行委員長 Medico-tec株式会社 代表取締役 宿野 秀晴