京都中小企業家同友会

  • 入会のご案内

 
 

トップページ > お知らせ, 活動報告 > 第18回京都経営研究集会に600名が参加!!

お知らせ

第18回京都経営研究集会に600名が参加!!

 

魅力 未来 創造

弛まぬ学びと実践で魅力ある未来を創造する

 

第18回京研1

 10月26日(月)、ホテルグランヴィア京都・京都劇場にて第18回京都経営研究集会が開催され、当日は会員、ゲストなど604名が参加しました。
 今回の研究集会は「魅力 未来 創造~弛まぬ学びと実践で魅力ある未来を創造する」をスローガンに、記念講演、7つの課題別分科会を行いました。開催目的として、「会員が一堂に会して理念と運動へ確信を深め学びあう機会」、そして「新たな仲間づくりの運動を着実に進めていき、より魅力ある同友会の確かな未来を創造すること」を掲げて取り組みました。
 分科会では、「経営指針書と黒字経営」「社員共育」「中小企業と地域雇用」「人を生かす経営」「地域課題と向き合う経営」「市場開拓・地域内循環を目指す」「事業継承」の7つの課題で分科会を行いました。分科会終了後、参加者は全体会会場へ移動、記念講演と各分科会報告を行いました。
 記念講演では「『人を生かす経営』の実践で企業の未来を切り拓こう~“日本一”を目指す礎は社員との信頼関係から」を演題に、中山英敬氏(㈱ヒューマンライフ・代表取締役、中小企業家同友会全国協議会・経営労働委員長)が講演。
第18回京研2 サラリーマンから独立開業、そこでの苦労。経営指針を発表しても空回りの日々。同友会の全国事業で“社員一人ひとりと向き合うことの大切さ”に気づき、そして実践。「日本一のコールセンター」をめざし、社員との信頼関係をつくっていく様を具体的にお話いただきました。
 記念講演後、各分科会座長より分科会の報告が行われました。その後の懇親会では、分科会単位でテーブルに着席し懇親交流を行い、更に分科会テーマを深めあいました。

 

◇日時 10月26日(月)12時受付/13時開会~20時閉会
◇会場 ホテルグランヴィア京都(受付・分科会・懇親会)
京都劇場(記念講演・全体会)
JR京都駅「中央改札口」出て右(京都駅ビル内)
◇内容

スケジュール(予定)

12:00 受付開始(ホテルグランヴィア京都)
13:00 分科会開会

第1分科会【経営指針書と黒字経営】
 「美しい経営・美しい決算書を目指して!~分析と指針書を活かした鋭い経営を探究する」
  報告者/井上広一郎さん ファステック㈱ 代表取締役 社長(西京支部)
第2分科会【社員共育】
 「社員の人生を預かって~戦略的人財計画と企業を成長させる社員共育の取り組み」
  報告者/越村恭子さん ㈱ユーサイド・フミ 代表取締役(京田辺相楽支部)
第3分科会【中小企業と地域雇用】
 「ソーシャルインクルージョンを通して地域から愛される企業へ!
   ~地域の雇用を守り、幸せの見える地域社会の実現を中小企業家の手で」
  パネリスト/久田和泰さん ㈲シオン 代表取締役(宇治支部)
        三田正さん ㈱三正 代表取締役(南支部)
        中澤愛美さん CG&CRAFT まあ工房 代表者(宇治支部)
  コーディネーター/石井雄一郎さん ㈱京のちから 代表取締役(下京支部)
第4分科会【人を生かす経営】
 「想いをつなぐ経営…社員と共に
   ~歩んで来た道を振り返った時、そこには大きな夢と希望があった」
  報告者/渡邊博子さん ㈱スリーシー 代表取締役(伏見支部)
第5分科会【地域課題と向き合う経営】 
 「同友会での地域活動が、我々の企業価値を高める
   ~その活動の中から黒字体質の企業づくりは生まれる」
  報告者/宿野秀晴さん Medico-tec㈱ 代表取締役(右京支部)
第6分科会【市場開拓・地域内循環を目指す】
 「地域内循環と外貨獲得で、地域再生へ
   ~消滅可能性地域での挑戦!だで、丹後・丹波・但馬にこだわっとるんだで」
  報告者/浪江敏一さん ㈱ゲットバリュー 代表取締役(丹後支部)
第7分科会【事業継承】
 「同友会で学んで実践、理念を繋いだ事業継承
   ~京都の歴史・文化の継承を住まいづくりに体現する」
  報告者/人見明さん 人見建設株式会社 代表取締役会長(中京支部)
      人見毅さん 人見建設株式会社 代表取締役社長(中京支部)

16:00 分科会終了・会場移動
16:30 記念講演(京都劇場)

「人を生かす経営」の実践で企業の未来を切り拓こう
“日本一”を目指す礎は社員との信頼関係から
講師/中山 英敬 氏 ㈱ヒューマンライフ 代表取締役
          福岡県中小企業家同友会 代表理事
          中小企業家同友会全国協議会 経営労働委員長
創業:1998年 資本金:1,000万円 年商:5億8,000万円 
社員数:171名(内パート・アルバイト102名) 
事業内容:コールセンター業務全般
サラリーマン時代に任された新事業の撤退が決まり、納得できずに独立創業。
「日本一のコールセンター」を掲げて経営指針を発表するも、社長一人で空回りでした。「社員一人ひとりの声に耳を傾けたことがありますか」と中同協総会で問われて自らの姿勢に気づき、社内で変化が生まれていきます。今では、全国から数多くのお褒めの手紙が毎日届くまでになりました。「人を生かす経営」の根幹にある「中小企業における労使関係の見解」発表から40年の今年、その今日的意義を実践的なお話から学びます。

17:30 全体会 分科会報告・まとめ
18:00 会場移動
18:30 懇親交流会(ホテルグランヴィア京都)
20:00 閉会

◇会費 参加費 8,000円
※参加チケットを支部幹事、または事務局よりお買い求めください。

詳細はリーフレットをご覧下さい(ここをクリックするとリーフレット〔PDF〕が開きます)