京都中小企業家同友会

  • 入会のご案内

 
 

トップページ > お知らせ, 活動報告 > 2月17日(月)・28日(金)『就業規則作成と見直しの研修会』を開催します

お知らせ

2月17日(月)・28日(金)『就業規則作成と見直しの研修会』を開催します

経営指針成文化後の実践フォロー講座『就業規則作成と見直しの研修会』
経営改善に「就業規則」が果たす役割の大切さを学ぶ

◇日時 【第1回研修会】2月17日(月)午後6時30分~9時
【第2回研修会】2月28日(金)午後6時30分~9時
◇会場 京都府中小企業会館 7F
京都市右京区西院東中水町17 ℡ 075-314-7171
◇講師 大原耕也さん 大原社労士事務所 所長(左京支部)
 【講師紹介】1997年1月開業後、7月同友会入会。
 労務委員会(当時・現経営労働委員会)に所属し、同友会の『サンプル就業規則』づくりに関わる。
 一貫して「労務管理の改善が経営の質を良くする」と訴えている。
◇会費 1,000円(研修会1回につき資料代金として)

同友会で行っている「人を生かす経営」実践道場などの機会を通じて、経営指針書を成文化されたみなさん。次のステップはDO、実行あるのみ。
定着する為には5年、10年もの継続が必要ですが、その前に確認すべきなのは社員さんとの信頼関係の構築。就業規則もないのに信頼は生まれませんし、働き続ける上での安心感も生まれません。
今回の研修会では、そのような考えを前提に、『労使見解』をベースとした就業規則について学びます。単に作り方や運用のノウハウを学ぶ研修会ではなく、経営改善に「就業規則」が果たす役割の大切さを勉強します。2回続けてご参加下さい。

※今回は研修の主旨に基づき経営者及び準じる役職者に限定しています。総務などをご担当されています社員の方のご参加はご遠慮下さい。
                                   【設営:経営労働委員会】